※犯罪抑止総合対策推進中

防犯対策

県警トップへ

青色防犯パトロール

犯罪発生・不審者情報マップ (マッピングぐんま 外部サイト)

犯罪抑止対策トップ

車上ねらい

ひったくり

自転車盗

空き巣など

振込め詐欺

地域での取り組み

犯罪に強いまちづくり

主な取り組み

犯罪発生状況資料

防犯抑止総合対策推進中!

群馬県の犯罪状況

 平成23年に、平成16年に戦後最多を記録した刑法犯認知件数(被害の届出等を受理するなど、警察がその事件の発生を確認した件数)を半減させ、更に、平成26年中も1万7,782件と、平成17年から10年連続で減少させることができました。
 しかし、オレオレ詐欺を始めとする特殊詐欺被害の大幅な増加、更には、凶悪事件に発展するおそれのある恋愛感情等のもつれに起因する暴力的事案、児童虐待事案等の人身安全関連事案の増加、子ども・女性を対象とした性犯罪の前兆である声掛け事案等の高止まり状態など、県民の体感治安の改善には至っていない状況にあります。
 そのため、県警察では、犯罪や事故の「予防・未然防止」を目的として、従来の刑法犯認知件数の減少に向けた取組みを発展させ、「社会の規範意識の向上ときずなの強化による犯罪の起きにくい社会づくりの推進」と「関係機関・団体との連携・協働による安全・安心なまちづくりの推進」など、効果的な犯罪抑止総合対策を推進しています。