中高年登山者へのアドバイス

中高年者の遭難事例と反省点

1 登山者の基礎知識

最も危険な「返咲型」登山者

  • 継続型〜若いときからずっと登山を続けている。
  • 目覚型〜登山初心者で登山に魅力を感じはじめた。
  • 返咲型〜若い頃に登山経験があり登山を再開した。

今の体力に合った山を選び、周囲のアドバイスを聞き初心に返ることが大切。
若い頃に比べて運動神経は鈍り、体力も低下している。今の体力を把握して、それで登れる山を選ぶ。
山は自然の中にあり、登山道も自然の力で変わる場合がある。昔の記憶だけに頼らず確認を怠らない
こと。返咲型登山者は要注意。

ツアー登山に参加する初心登山者へ

疲れていても集団のペースに合わせなければならず、休みたいと思っても休めない、途中で止めたいと
思っても止められないのがツアーや集団での登山。登る山を事前に調査し自分の体力で大丈夫か否かを
検討して決めることが大切。「連れて行ってもらう。」のではなく「自ら参加する。」意識が大切。

低山で登山の基礎を学ぶ

ア 歩き方の基本を学ぶ

低山でも樹林帯、沢、ガレ場、岩場、急斜面等の様々な場所が経験できる。歩調や体重の
かけ方、靴底の接地角度等、その場の状況にあった歩き方を学ぶ。


イ 規則正しい登はんを

通常50分歩いて10分休憩がワンピッチ。歩くのが40分でも1時間でも良い。
要は規則正しいピッチを繰り返すこと、「急斜面だったので20分で休憩」という
不規則さは長時間の登山には向かない。


ウ ガイドブックとの比較

ガイドブックの時間と実際に要した時間を比べてみる。自分の力が確認でき、
登山計画の 時間配分が可能となる。


エ 読図を覚える

登山で使用する地図は、国土地理院発行の「2万5千分の1」、又は「5万分の1」の
地形図であるが、2万5千分の1の方が情報量が多い。ガイドブックと併用しコンパスを
使って、現在地を図上に落とし、目で見える風景を地形図の記載と照らし合わせる。
地図をみて現場の風景をイメージできるようになれば読図を覚えたといえる。
  • 地形図の基本 「2万5千分の1」の場合
    • 図上の1cmは、実際には250m。
    • 等高線の線と線の標高差は10m、50mごとに太い線(計曲線)が印刷。
    • 地形図上の破線は、幅が1.5m以下の道路。
    • 地形図の北(真北)とコンパスの北(磁北)は異なり、西に偏っている。
      (地形図の右側に「磁針方位は西偏約何度何分」と記入されている。)

必要な装備

  • 登山靴〜安全と疲労防止のため、底が固く足首まであるブーツ型が良い。
  • ザック〜縦長でサイドポケットが大きくない30リットル位が良い。
  • ズボン〜伸縮性のあるものが疲れにくく、行動し易い。
  • ヘッドライト〜両手が使え便利(日没前下山予定でも必携)。
  • 通信機器〜携帯電話やアマチュア無線機、予備電池も含む。
  • 非常食〜非常時に備え1日分位(日帰り予定でも必携)。
  • 雨具〜セパレーツタイプ、通気性の良いゴアテックスがより良い。
  • ステッキ〜上りは短く下りは長く、特に下山時に効果がある。

他にも数多くあるが、最低でも上記の装備が必要(冬山を除く)。

注:アマチュア無線機は、免許及び資格が必要で、原則として目的外使用が禁止されています。

2 避難原因と防止措置

疲労が溜まると、注意力が散漫になったり、バランスを崩したときに体を支えられなくなり、滑落や
転落、転倒事故が起こりやすい。出発前日は十分睡眠をとり、早朝に登山を開始し午前中には山頂に
着くようにする。 夏期は午後になると霧が発生するため午前中の方が展望が良い。
雷や雷雨の発生は午後に多いので、雷等が発生する前に下山するよう計画する。
万一、日没となってしまった場合は、行動を中止し、雨や風を避けられる場所を早めに探し、夜間は
行動しないで体力の消耗を防ぐ。

(1)滑落・転落

登山中の事故で最も多いのが滑落と転落で、下山時に多く発生している。下山時の方が
危険であり、緊張感をもって慎重に行動しなければならい。

〜下山時は、靴ひもを締め直すと同時に気持ちも締め直す。〜

(2)道迷い

迷ってからでは手遅れ。常に現在地を確認しておくことが大切。
「地図にない」、「最近人の歩いた形跡がない」、「草木が道の中に生い茂っている」、
「顔や肩に枝が盛んにぶつかる」等は登山道ではない。「おかしい」と思ったら
無理をせず、すぐに道標等の目標のある地点に戻ること。どの方向に進んだら良いか
分からなくなった時は、斜面を登り尾根を目指す。谷に入ってしまうと滑落や転落の
危険があり、また、ヘリコプターでの捜索の際、発見しにくくなる。

3 参考文献

このアドバイス作成に当たり、次の本を参考としました。

  1. NHK趣味百科「中高年のための登山学」〜安心山歩きのすすめ〜
  2. 文部科学省「楽しい登山」〜中高年の安全な登山のために〜

戻 る