地域部 住民に頼りにされる存在であること。それが私たちの誇りです。

仕事内容

機動警ら隊
 パトカーで管轄地域内をパトロールし、犯罪の抑止活動を行っています。事件・事故が発生したときは、その機動力を生かし、犯罪現場・事故現場などへ急行します。
 また、車社会・群馬県の交通環境を守るため、交通指導・取締りも行っています。
通信指令課
 110番通報を受け、県内の各警察署に直ちに指令を行います。指令を受けた警察署のパトカーや警察官は現場に急行し、事件・事故に対応します。
 また、凶悪事件や犯人逃走などの事案が発生した際は、県下全域に指令を行い、現場の警察官と協力して犯人検挙に当たります。
谷川岳警備隊
 谷川岳は、標高2000mほどですが、多くの岩壁、天候の急激な変化などの理由から、遭難者が多い山の一つです。遭難者の増加を受け、昭和33年に発足した谷川岳警備隊は、登山者の安全を守るため登山指導活動や救助活動を続けています。
鉄道警察隊
 多くの人が行き来する駅構内の安全を守るため、構内パトロール、列車警乗(実際に列車に乗車し、犯罪を予防する)、マナーアップ運動を行っています。
 不審物の発見、痴漢・スリなどの犯罪抑止、迷子の保護など、その活動は多岐にわたります。
航空隊
パトカーの通れない細い道でも、空から捜索し、陸上のパトカーや捜査員と連携して犯人を追いつめます。
 また、谷川岳警備隊やレンジャー部隊などと連携して山岳遭難者や水難者の救助に当たります。

 

インタビュー 地域警察 平成26年採用

担当業務
 交番に勤務しています。交番勤務では、受け持ち世帯に対する巡回連絡やパトカー・バイクに乗車してのパトロール活動をはじめ、110番通報事案への対応、交通取締りなど、幅広い活動を行います。交番には遺失物・拾得物の届出や地理教示のためにたくさんの人が来所しますし、一歩外に出れば地域の方から声をかけられることもあります。私たち警察官は、常に頼られる存在であり、困っている人のために仕事ができることに私は誇りと使命感を持っています。

警察官になるまで
 幼いころから漠然と「警察官になりたい」という夢を持っていました。群馬県内の大学を卒業し、県外の地元で別の仕事をしていましたが、やっぱり警察官になりたいと思い、学生時代を過ごした群馬県の警察官採用試験を受けました。受験を決意してからは、参考書を1冊買って、自分が苦手なところは繰り返し勉強しました。それまで運動を全然してなかったので、体力づくりのために走ったりしていました。
心強い上司、先輩、同僚たち
 警察官という職業は常にピリピリとした雰囲気の中で仕事をするものだと覚悟していました。もちろんそのような状況がないわけではありませんが、普段は上司や同僚に、仕事やプライベートの相談にのってもらうなど、強い信頼関係の中で仕事をしています。また、採用後は警察学校に入校しますが、たくさんの同期の仲間ができますし、一人前の警察官になれるようしっかり指導してもらえます。その後も様々な教養を受けることができるので、とても働きやすい環境だと思います。
休日はのんびりと
 外に出ること、温泉が好きなので、友人と近くの日帰り温泉によく行きます。また、車の運転も好きなので、ドライブがてら温泉に行くことも。その道中も、音楽を聴いたり、きれいな景色を見てリラックスしたりと、充実した休日を過ごしています。
女性警察官として、これから
 被害者や被疑者が女性であった場合、私たち女性警察官が事案内容を聞くことがあります。そのような場面では、女性警察官が必要とされていることを実感しますし、この仕事を選んでよかったと心から思います。将来は、生活安全課で子どもや女性の安全を守る仕事をしてみたいです。そのためにも、現在勤務する地域課で、安全・安心なまちづくりを目指しながら、地域の方々から頼りにされる警察官として、日々の仕事を頑張っていきたいです。