地域部 住民に頼りにされる存在であること。それが私たちの誇りです。

仕事内容

機動警ら隊
 パトカーで管轄地域内をパトロールし、犯罪の抑止活動を行っています。事件・事故が発生したときは、その機動力を生かし、犯罪現場・事故現場などへ急行します。
 また、車社会・群馬県の交通環境を守るため、交通指導・取締りも行っています。
通信指令課
 110番通報を受け、県内の各警察署に直ちに指令を行います。指令を受けた警察署のパトカーや警察官は現場に急行し、事件・事故に対応します。
 また、凶悪事件や犯人逃走などの事案が発生した際は、県下全域に指令を行い、現場の警察官と協力して犯人検挙に当たります。
谷川岳警備隊
 谷川岳は、標高2000mほどですが、多くの岩壁、天候の急激な変化などの理由から、遭難者が多い山の一つです。遭難者の増加を受け、昭和33年に発足した谷川岳警備隊は、登山者の安全を守るため登山指導活動や救助活動を続けています。
鉄道警察隊
 多くの人が行き来する駅構内の安全を守るため、構内パトロール、列車警乗(実際に列車に乗車し、犯罪を予防する)、マナーアップ運動を行っています。
 不審物の発見、痴漢・スリなどの犯罪抑止、迷子の保護など、その活動は多岐にわたります。
航空隊
パトカーの通れない細い道でも、空から捜索し、陸上のパトカーや捜査員と連携して犯人を追いつめます。
 また、谷川岳警備隊やレンジャー部隊などと連携して山岳遭難者や水難者の救助に当たります。

 

インタビュー 地域警察 警察署地域課 2017年4月採用

担当業務
 交番勤務では、来所者への地理案内や落とし物、相談、被害届の受理等のほか、パトロールや巡回連絡、110番通報への対応等を通じて地域の安全・安心を守る仕事をしています。同じ現場は二つとないので、毎回気を引き締めて勤務しています。

「ありがとう」の言葉がうれしい
 警察官誰しもが感じることだと思いますが、「ありがとう」「助かりました」という言葉をいただいたときにやりがいを感じます。地域のパトロールの時に住民の方から声をかけてもらえるのも、とてもうれしいです。また、被害や迷惑を受けて困っている女性には、同性ということで安心してもらえることもあります。そういった場面では同僚たちからも必要とされるので、この仕事を選んで良かったなと思います。
子どもの頃からの憧れ
 小学生の頃、テキパキと働く制服姿の警察官の姿を見て純粋に格好いいなと思ったのが最初のきっかけです。大学に行くことも考えましたが、少しでも早く困っている人の力になりたいと思い、高校卒業後すぐに警察官になる道を選びました。私は中学、高校と文化部に所属しており体力に自信がなかったので、試験まではランニング等体力づくりに力を入れました。
意外にもデスクワークが多い!?
 警察官は現場に行って活動しているというイメージがあったのですが、実際に警察官になってみると、想像以上にデスクワークが多いことに驚きました。
 パソコンで資料や報告書などを作成する機会が多いので、一般企業などと同様にパソコン操作や作文、漢字の勉強はしておくと役に立つと思います。
休日の過ごし方
 仕事が終わったあとは自宅でゆっくりすることが多いですが、休みの日は家事をしたり同期や友人たちと買い物に行きます。甘いものが好きなので、お店を探して食べに行ったり、買って帰ったり。寮生活も快適なので、スイーツを買いこんで寮で過ごすことも多いです。出かけるときは道を覚えながらドライブしています。
これから警察官を目指す人へ
 私は小さい頃から警察官になると決めてそのために努力してきたので、努力すれば必ず夢は叶うということを伝えたいです。苦手だと思っていることでも、諦めないで頑張って挑戦すれば身につくので、頑張ってください。警察官を目指す皆さんと一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。