警務部 警察活動の基盤をサポート

仕事内容

採用業務(警務課)
 団塊の世代の大量退職時代を迎え、警察官の確保が急務となっています。そんな中、一人でも多くの人たちに「警察官になりたい!!」と思ってもらえるよう、各種説明会などに参加し警察業務の魅力について理解を広めています。
音楽隊(広報広聴課)
 警察音楽隊は、警察職員で構成されています。普段は交通機動隊で白バイに乗務したり、県内の警察署でそれぞれの業務を行ったりしています。昭和33年の発足以来、音楽を通じて犯罪や事故のない明るい社会を実現するため、「県民と警察を結ぶ音のかけ橋」として、県内各所で演奏活動を行っています。
 カラーガード隊も同じく警察職員で構成されています。華やかな演技で演奏を彩ります。
術科指導室(教養課)
 警察官は、強健な体力、気力及び優秀な技能を常に錬磨しておくとともに、明朗かつ機敏な資質を養っておかなければなりません。そのために、警察本部・警察署において効果的な訓練が行えるよう、訓練方法の研究や県内各署を巡回指導しています。
 また、訓練成果と技術の向上を図るため、柔道・剣道大会、逮捕術大会等を開催したり、各種術科の検定を行ったりしています。
被害者支援室(広報広聴課)
 警察というと犯罪者を逮捕するイメージを抱くと思いますが、被害者を支援することも警察の大切な仕事の一つです。不幸にして犯罪被害に遭ってしまった人々が、1日も早く元の生活に戻れるよう、相談をはじめとする各種支援活動を行っています。

 

インタビュー 警務警察 広報広聴課 2004年4月採用

担当業務
 事件や事故、また警察が行う企画、行事などを報道機関に広報するのが広報室の仕事です。そのなかで私は、県警察が県民の皆さんに知っていただきたいことを各部から取りまとめ、広報誌や広報資料を作成することをメインに行っています。また、警察音楽隊にも所属し、演奏活動を通じて県民に交通事故防止、振り込め詐欺の防止等の呼びかけを行うとともに、「県民と警察を結ぶ音のかけ橋」のキャッチフレーズのもと、県内各地をメロディーパトロールしています。
それぞれの業務の魅力
 広報室は少人数ですが、ひとたび大きな事案が発生すると一丸となって報道対応にあたるので、チームワークがとても重要です。そのため、日頃のコミュニケーションも大切にしています。
 また、県民の方から拍手をいただき、感動してもらえるのは音楽隊ならではの魅力だと思います。また、警察のソフトなイメージを発信することで、警察に親しみを持ってくれる方が増えてくれればうれしいです。
仕事の悩みは同僚に相談
 異動に伴い、業務内容に慣れるまで大変なときもありますが、同僚や同期に相談しています。お互いの悩みを話すと、「みんな苦労しながら頑張っている」と思え、乗り越えられます。気をつけているのは、報告・連絡・相談の徹底、依頼されたことはすぐにやること、そして広報室は締切りが多いので、期限を必ず守ることです。当たり前のことばかりですが、信頼関係を築くため、一番大事にしています。
休日は趣味の料理に没頭
 電車に乗って旅行に行ったり、料理が好きなので新しい料理に挑戦しています。料理を作っている間はそのことに没頭しているので、ストレスの発散にもなります。最近は健康にもっと気を遣おうと、「薬膳アドバイザー」の資格も取りました。趣味と実益を兼ねて、これからも食に関する資格にチャレンジしたいと思っています。
警察官を目指す人へメッセージ
 男性が多い職場ではありますが、最近は女性ならではのソフトな対応が求められる場面も増え、さまざまな職域で女性たちが活躍しています。警察の業務は本当に多様なので、自分の力を発揮できる場所がきっとあると思います。体力はちょっと自信がないという方も、私たちのように音楽で役に立つことができるかもしれません。人と関わることが好きだったらぜひチャレンジしてもらいたいと思います。