交通部 道路交通の安全かつ円滑化のために活動

仕事内容

交通安全対策室(交通企画課)
 交通事故をなくすためには、一人一人の規範意識を高めることが重要です。交通ルールの遵守、マナーの向上を図るため、交通事故分析に基づき、各種交通事故防止対策を推進しています。
交通管制センター(交通規制課)
 日々刻々と変化する交通状況に応じて、信号機をコントロールするとともに、渋滞や通行止めなどの交通情報を提供しています。
 事故のない、安全で快適な道路交通環境を目指して、24時間体制で県内の道路交通状況を監視しています。
交通鑑識(交通指導課)
 普段と変わらない状況で、突如として起こる交通事故。何気なく運転しているために、事故直前の行動に関して記憶があいまいなこともよくあります。そんな時に重要なのは、現場から得られる様々な証拠です。「人から聴かず、物から聴く。」 様々な現場に臨場し、交通事故捜査に当たっています。
白バイ(交通機動隊)
 交通事故ゼロを目指しての交通指導取締りや道路を走行しての交通マナーアップ運動を行っています。
 また、災害発生時にはバイクの機動性を生かし、車両の通行できない現場に赴き、被災者の救助を行います。そのために、日々訓練を積んでいます。

 

インタビュー 交通警察 交通機動隊 2013年4月採用

担当業務
 悲惨な交通事故を1件でも多く減らし、安全で快適な交通社会を築くため、白バイに乗車し、交通指導、取締りにあたっています。そのほかにも、駅伝やマラソンの先導、国内外の要人警護などに従事します。群馬県では元日にニューイヤー駅伝も開催されるので、他の都道府県警にはない特別なイベントでの勤務を経験することができます。
全国有数の車社会で
 群馬県は全国有数の車社会ですので、そのような場所で交通業務に携われることにやりがいを感じます。白バイに乗っていると、登下校中の子どもたちや保護者の方が声をかけてくれるので純粋にうれしいです。また、違反者の方が「事故になる前でよかった」と言ってくれたときは、白バイ乗務員になってよかったと思います。
安全第一
 白バイ隊員は朝から晩まで白バイに乗って道路に出ていますので、常に危険と隣り合わせです。自分自身の事故防止、そして一般ドライバーの方の模範となるような安全な運転を心がけています。また、大きな白バイを乗りこなすことができるよう、隊員になってからずっと、体力や運転技術向上のための訓練を欠かさず行っています。
職場は明るい雰囲気
 警察官という職業に対して堅い、怖い、というイメージを持っていましたが、そんな雰囲気はまったくありませんでした。例えば交通機動隊の場合、白バイの乗務中は神経を使っているので、隊に戻ったときの明るい雰囲気に気持ちが和みます。仕事中はもちろん厳しく大変なこともありますが、上司や先輩方には公私ともに様々なアドバイスをもらい、良い雰囲気の中で勤務しています。
休日の過ごし方
 休日は家族と出かけることが多いです。また、県警の野球部に所属しているので、野球の試合や練習に参加して心身ともにリフレッシュしています。県警野球部は学生時代に野球をしていた職員を中心に構成されていて、年に1度行われる近県警察野球部の大会での優勝を目指し、メンバーたちとに練習に励んでいます。
これから警察官を目指す人へ
 やりがいがあり、信頼できる仲間がいるということは、長く働くうえでも大切なことだと思います。今、警察官になりたい人、迷っている人も、ぜひ警察官を目指してください。群馬県の安全・安心を一緒に守りましょう!