転職経験者の声

転職経験のある群馬県警察のA巡査に、転職を考えたきっかけや職場環境について語っていただきました。転職を考えているあなたへのメッセージも!

群馬県警に転職を考えたきっかけや、前職について教えてください。
A巡査
 前職は関西にある化学系の会社で営業職を5年ほどやっていました。結婚などを機に、地元である群馬県に戻ることを考えたのが転職のきっかけです。もともと警察官と言う職業に憧れていたので、思い切って受験を決意しました。
警察に入る前に抱いていたイメージ、また実際に入ってみて感じたことはなんですか。
A巡査
 警察官は、人々のために昼夜を問わず働く大変な仕事であるというイメージを持っていました。
 採用後は警察学校で様々な知識や技術を学び、訓練を通じて警察官としての精神や心構えを身につけます。苦しい訓練もあって時には大変なこともありましたが、自分自身の成長を実感でき、また、その時身につけたものが今の仕事に役立っていると感じています。
現在の業務内容と、仕事をする上でのやりがいなどを教えてください。
A巡査
 地域警察官として交番で勤務をしています。交番では遺失拾得物の届出受理や道案内、地域住民の方々の困りごと相談、管内のパトロール、事件事故への対応など幅広い業務に対応し、治安を守るために日々頑張っています。
 地域の安全安心を守る警察官として、住民の方々に頼りにしてもらい、役に立てたと実感できることが、警察官の仕事のやりがいだと思います。日常生活の中でも、今までは気にしていなかった些細な変化に気づく観察力などを身につけられると感じます。
では、最後に転職を考えている方へメッセージをお願いします。
A巡査
 私も転職をする時にはとても悩みました。しかし、一歩踏み出し転職をしてとても良かったと感じています。
 警察官の仕事は大変なこともありますが、日々の業務を通じ、自分が地域住民の方々の助けになれていると実感できる仕事です。これほどやりがいを感じられる仕事は他にないと思います。転職に悩んでいる方がいれば思い切って一歩踏み出してみてください。