巡査(男性) 警察署地域課(無線自動車係)

平成21年度採用 巡査(男性)

無線自動車とはパトカーのことです。110番通報を受けて、事件・事故などの現場へ急行し、初動捜査活動を行います。また、「機動警ら(パトロール)」を行い、交通違反に対する指導や取締り、少年補導などの少年非行防止活動等を行います。
Q1 警察官を志望した理由を教えてください。
A1 私が警察官を目指したきっかけは、高校時代、友人が犯罪の被害に遭ったことです。少年たちを犯罪から守るためには、警察官として治安を守ることが一番の近道だと思い、警察官を志望しました。
Q2 職場はどのような雰囲気ですか。
A2 大規模署で働いているため、多くの人に仕事を教えてもらえる環境です。上司や先輩方は優しく、仕事で困ったことがあれば、アドバイスをしてくれます。先輩、後輩の仲も良好で、仕事終わりに食事に行ったり、休日に皆で遊びに出かけることもあります。
Q3 警察の魅力を教えてください。
A3 「警察しかできないことがある。」、それが魅力です。事件・事故現場は一般の人にとっては立入り禁止となる場所ですが、警察官はそこが仕事場です。人々の暮らしを守るために働けることにやりがいを感じます。
Q4 これまで経験した仕事でうれしかったことはありますか。
A4 泥棒に入られたという110番通報を受け、私が一番に被害者宅へ駆けつけました。被害者である年配の女性は、泥棒と鉢合わせたことでショックを受けていましたが、私の姿を見て安心したのか、涙を流しながら感謝をしてくれました。警察官の存在意義を感じ、うれしさが込み上げるのと同時に、警察官としての責任の重さを改めて感じました。
Q5 これまで経験した仕事で大変だったことはありますか。
A5 酔っ払いを保護した際に、興奮して暴れ、落ち着かせることが大変でした。最終的には、その酔っ払いも酔いが覚めて、とても反省した様子で帰って行ったことを覚えています。
Q6 休日の過ごし方を教えてください。
A6 友人や寮の後輩たちと、食事や遊び等に出かけることが多いです。
Q7 採用後、警察学校で行われた初任科研修の感想を教えてください。
A7 警察官は採用後、警察学校で研修を受けます。訓練や、教官からの指導も今となってはいい思い出です。また、同期生の存在も大きいものでした。無事卒業し、今、警察官として働けるのも同期生のお陰だと思っています。同期生は私の人生においてかけがえのない大切な仲間です。
Q8 試験勉強中の思い出や、受験する人へのアドバイスをお願いします。
A8 私は教養試験の「判断推理」や「数的推理」を苦手としていたため、対策として、問題集等で、繰り返し練習し、確実に解けるようになるまで勉強しました。
警察官の仕事は、やりがいを感じられる仕事です。群馬県警察で皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。頑張ってください。