採用データ

募集職種

警察官

 個人の生命、身体及び財産の保護、犯罪の予防、捜査、被疑者の逮捕、交通の取締り、その他公共の安全と秩序の維持に当たります。

警察事務

 警察官と共に群馬県の治安維持のため、職員の福利厚生や給与・諸手当の支給、予算、契約、各種届出の受理、情報システムの管理など多岐にわたる業務を担当します。

初任給(2019年4月現在)

  大学卒     短大卒     高校卒  
警察官(公安職) 217,500円 199,800円 184,500円
警察官事務(行政職) 186,900円 166,900円 155,600円

※上記額は、基本給(地域手当(100円未満切り捨て)を含む)となります。

※大学院を卒業していたり、採用前に民間企業などに勤務したことのある人は、一定の基準により増額されます。

諸手当

 住居手当、通勤手当、扶養手当、単身赴任手当、休日勤務手当、特殊勤務手当など様々な手当がその人の条件によって支給され、期末・勤勉手当(ボーナス)が年2回支給されます。また、優秀な成績を収めた者には査定昇給制度があります。
 そのほか、警察官は制服、ワイシャツ、靴、靴下等が支給されます。

勤務時間

 警察職員の勤務時間制は主に以下の2つがあります。

通常勤務(警察本部・警察署に勤務する警察官と警察事務職員全般)

平日午前8時30分から午後5時15分まで

交替制勤務(交番勤務の警察官など)

1日目・当番→2日目・非番→3日目・週休(または日勤)のローテーション
勤務時間は午前9時から翌日午前9時まで(休憩や仮眠時間を含め24時間勤務)

休日休暇

 年次有給休暇が年20日間(繰越により最大40日間)付与されるほか、夏季休暇や結婚休暇、出産休暇などの特別休暇があります。
 また、通常勤務の場合は土曜・日曜・祝日が休みです。交替制勤務の場合はこれらに相当する日が別に定められます。

勤務地

 群馬県警察職員として採用されると、原則として群馬県警察本部及び県内15警察署のいずれかで勤務します。

福利厚生

 県内各地に職員住宅を完備、その他健康管理制度、各種給付、貸付制度などがあります。

研修制度

 警察職員として採用されると、群馬県警察学校に入校して職務を遂行する上で必要となる知識や技能、体力等を身につけます。

 入校期間は、

警察官 A(大卒)  6か月間
B(大卒以外)  10か月間
警察事務
(学歴を問わず) 
U類  1か月間 
V類 

※警察事務は柔道・剣道などの術科は行いません。

※警察学校についてはこちらをご覧ください。

 警察学校での教養以外には、専門的な知識や技能を集中的に学ぶための各種専科教養や実践塾、各所属を巡回しての術科指導、語学教室など、職員一人一人の能力を向上させるための研修制度が整っています。

昇任制度

昇任は、昇任試験などにより行われ、本人の実力・努力次第でのキャリアアップが可能です。

問い合わせ先

〒371−8580
群馬県前橋市大手町1−1−1
群馬県警察本部 警務課
TEL:0120−449803(採用フリーダイヤル)
【平日 午前8時30分から午後5時15分まで】