現在の位置:ホーム > タイトル

挨拶がないと金品を要求

不動産仲介業を開業したところ、暴力団○○組の組員を名乗る男が来て、「いつから店を出したんだ。この辺りはウチの縄張りだ。どうして挨拶に来ないのか。」などと、暗に金を要求するようなことを言いました。
相手が暴力団○○組の組員と名乗っているので恐ろしくてなりません。どうすればよいのでしょうか。

対応要領

あなたが開業したことで暴力団に挨拶に行く必要はありませんから、相手の要求には応じてはいけません。断固として断ってください。あなたがその要求に応じたり、何処にも相談せずにいると、相手はそれを良いことに、次々と無理難題を吹きかけてくる可能性があります。

不当な要求は断る

挨拶名目に金品を要求する行為は、暴力団員等がよく使う手口です。必要な手続きを経て開業したのですから、暴力団員からの不当な要求は勇気を持って拒否することが大切です。

要求内容を確認

再度、組員が来店した場合には、相手の名前や要求内容をよく確認し、記録しておくことが大切です。

指定暴力団員であれば

相手が指定暴力団員であれば、暴力団対策法が適用され、公安委員会の発する中止命令の対象になります。又、金品の要求を拒否したにもかかわらず、執拗に要求してくれば、恐喝・脅迫などの犯罪になることもあります。
早く暴追センター又は警察へ相談してください。

戻る