現在の位置:ホーム > タイトル

個人情報開示請求Q&A(開示請求の手続・制度内容)

Q 制度を利用できる方は?

A 誰でもできます。

Q 開示請求できる個人情報は?

A 公文書に記録されている自己の個人情報です。つまり、自己の情報については開示請求することができますが、他人の個人情報は開示請求できません。

Q 対象となる個人情報は?

A 職員が職務上作成し、又は取得した文書、図画、写真及び電磁的記録に記載された個人情報で、職員が組織的に用いるものとして、群馬県公安委員会又は群馬県警 察本部長が保有しているものが対象となります。

Q 開示請求の方法は?

A 個人情報開示請求書に

  • 氏名
  • 住所
  • 知りたい個人情報の内容

を記入し、受付窓口に直接提出してください。

この際、身分の確認をしますので、身分証明書(運転免許証、パスポート等の写真が貼付されているものは1通、健康保険証等の写真が貼付されていないものは2通以上)を持参してください。

身分の確認が取れない場合は、開示請求書は受付できません。

なお、例外的に郵送による提出ができる場合(病気により窓口に来られない場合等)がありますので、郵送による開示請求を希望する場合は、事前に広報広聴課に相談してください。

※ 開示請求書は、こちらからダウンロードできます。

公安委員会宛て 警察本部長宛て 記載例
一太郎 Word PDF 一太郎 Word PDF PDF

開示請求書には、公安委員会宛のものと警察本部長宛ての2種類がありますので注意してください。

Q 開示されない情報とは?

A 開示請求された個人情報は、原則として開示されますが、例外として、条例で定められている次のような情報(非開示情報)は開示されない場合があります。

  • 開示請求者の生命、健康、生活又は財産を害するおそれのある情報
  • 法令等で公にすることができないとされている情報
  • 開示請求者以外の個人に関する情報
  • 法人等の事業に支障を与える情報
  • 犯罪の予防・捜査等に関する情報
  • 行政内部の審議・検討・協議に関する情報
  • 行政の事務又は事業の執行に支障を生じるおそれのある情報
  • 未成年者等の法定代理人による開示請求により、開示することが当該未成年者等の不利益になると認められる情報(不利益情報)

※ 非開示情報については、群馬県個人情報保護条例(以下「条例」といいます。)第13条に規定されています。

※ 下記の個人情報は、条例第29条の規定により条例第2章第2節(個人情報の開示、訂正及び利用停止)は適用されませんので、開示請求の対象とはなりません。

  • 刑事事件若しくは少年の保護事件に係る裁判
  • 検察官、検察事務官若しくは司法警察員が行う処分
  • 刑若しくは保護処分の執行 等

Q 開示の決定にかかる期間は?

A 原則として、請求があった日から15日以内に個人情報を開示するかどうかの決定をして通知します。ただし、やむを得ない場合は決定期間を延長することがあります。

通知の際に、開示又は部分開示の場合は、あわせて開示の日時と場所をお知らせします。

※ 個人情報の開示を受けるときには、決定通知書及び身分証明書をご持参ください。

Q 開示に要する費用は?

A 閲覧及び視聴は無料です。

写しの交付については、群馬県個人情報保護条例施行規則で定める費用がかかります。

Q 決定に不服がある場合は?

A 公安委員会に対し審査請求をすることができます。
また、開示された個人情報に事実の誤り等がある場合には、訂正請求や利用停止請求をすることができます。

情報公開・個人情報の開示請求受付窓口