群馬県公安委員会とは・・

公安委員会制度 公安委員会の組織
 
 公安委員会は、警察行政に県民の方々の意見を反映させながら、警察の民主的な運営と政治的中立性を確保するために設置されており、警察を管理する機関として大きな役割を果たしています。

 

 公安委員会は、知事が県議会の同意を得て任命した3人の公安委員で構成されており、委員の任期は3年です。
 また、公安委員会委員長は、委員の互選により就任し、その任期は1年で、委員会の会務を総理し、委員会を代表しています。

 
公安委員の事務 公安委員会の活動状況
 
 
公安委員会は、警察を管理するほか、法令及び条例の規定に基づいて、自動車の運転免許・風俗営業・古物営業・質屋営業・銃砲刀剣類所持等の許可及び取消処分のほか、交通規制、指定暴力団の指定、暴力団に対する中止命令などの事務を行っています。
 
 
 
公安委員会は、警察を管理する権限を持ち、警察事務に関する必要な審議を行うとともに、警察本部から各種の施策のほか、各種事件・事故や災害等の発生状況とこれに対する取組み等についての報告、説明を受け、警察業務全般への意見、提言を行っています。
 



● 公安委員会関係
  ・全国公安委員会連絡会議(春:委員長出席、秋:全員出席)
  ・関東管区内公安委員会連絡会議(全員出席)
● 県関係   
  ・県議会(2月・6月・9月:本会議)
  ・群馬県総合表彰式
  ・群馬県功労者表彰式
● 警察関係   
  ・署長会議
  ・初任科生等入校式、卒業式
  ・殉職警察職員慰霊祭
  ・永年勤続・優良警察職員等表彰式
  ・年末警戒視察・督励
● その他   
  ・警察関係団体の各種大会、表彰式等

戻 る