暴走族対策結果(平成27年中)

 最近の暴走族は、単独又は数台によるゲリラ的な爆音暴走を敢行しているほか、機会をとらえては数グループが合同した集団暴走を敢行する傾向にあります。
 また、元暴走族構成員を中心とした「旧車會」と称する集団は、暴走族風に改造した自動二輪車等に乗車して、ツーリングと称し、景勝地を目指して、大規模な集団走行をするため、騒音関連違反等により、多大な迷惑を及ぼしている状態にあります。
このような情勢を踏まえ、平成27年中は、総合的な暴走族等の対策を推進しました。

1、暴走族等の検挙状況

検挙人員  約115人


2、暴走族等に対する特別対策の実態

暴走族及び違法行為を行う旧車會は、週末に集団で暴走行為を行うことが多く、週末における対策を実施しております。また、年末年始を含む大型連休中は、取締りの体制を強化して、特別対策を実施しております。なお、平成27年中は、大型連休等において旧車會の大規模な集団走行に対する、一斉検問を実施し、多数人を検挙しております。


3、暴走族を許さない社会環境づくりの推進

 暴走族のいない安全で安心して暮らせる社会をめざし、「群馬県暴走族等の追放の推進に関する条例」(通称:暴走族追放条例)が制定されています。県・警察では、関係機関・団体と協力して同条例に基づいた各種の暴走族対策を展開し、暴走族を許さない社会環境づくりを推進しています。


4、お願い

 警察では、今後とも暴走族の取締りを徹底してまいりますが、暴走族を追放するためには、県民皆様のご協力が是非とも必要です。
 暴走行為や不正改造バイクなどを見かけた場合には、警察への通報をお願いします。