自動車の保管場所証明書の申請手続き(軽自動車を除く)

インターネットで自動車を保有する手続きが一括で出来るようになりました

(電子申請が出来る対象範囲)

新車購入(新車新規登録する自家用車)に限られます。  中古車購入等による申請、軽自動車等の届出、減免による申請は、利用が出来ませんので警察署の窓口で、書面による手続きを行ってください。

(電子申請手数料)

  • 保管場所証明申請手数料  2,000円(インターネットバンキングによる電子納付)
  • 保管場所標章交付手数料 500円(インターネットバンキングによる電子納付)

(電子申請に必要なもの)

  • インターネットに接続可能なパソコン
  • 添付書類を読み込むスキャナー
  • 住民基本台帳カード(公的個人認証付き)とカードリーダー
  • 手数料等を振り込むためのネットバンキングへの登録 等

自動車を保有する手続きには、警察への自動車保管場所(車庫)証明の申請の他に

  • 自動車の検査・登録申請   《国土交通省》
  • 自動車重量税納付      《国税庁》
  • 自動車取得税、自動車税申告 《都道府県》

等があります。  平成19年1月29日から群馬県では、これらの自動車を保有するための手続きがインターネットを通じて一括で出来るようになりました。

※ 詳細は「自動車保有関係手続きのワンストップサービス・システム」の関連サイトをご覧ください。

→申請サイト http://www.oss.mlit.go.jp/

【書面による手続き(警察署の窓口)】

申請が必要な場合

群馬県内の市及び町(平成12年6月1日における市及び町の区域)に自動車の使用の本拠の位置があり、以下の条件にあてはまる場合です。

  • 新車を購入するとき
  • 中古車を購入又は譲り受けるなど保有者の変更があるとき
  • 使用の本拠の位置を変更するとき
    ※1 使用の本拠の位置とは、住んでいるところか会社の営業所の場所等です。
    ※2 保有者とは、車検証の使用者です。

必要書類

  • 自動車保管場所証明申請書 2通 (一太郎)(Word)(Excel)(PDF
  • 保管場所標章交付申請書 2通  (一太郎)(Word)(Excel)(PDF
  • 所在図 (一太郎) (Word) (Excel) (PDF)(保管場所付近の道路及び目標となる地物を表示したもの)
  • 配置図(保管場所並びに保管場所の周囲の建物、空地及び道路が表示され、保管場所にあってはその平面の寸法、道路にあってはその幅員を明記したもの)
  • 保管場所の使用権原書
    1. 自動車の保有者の土地又は建物を保管場所として使用する場合、自認書 1通
      (一太郎) (Word) (Excel) (PDF) 
    2. 他人の土地又は建物を保管場所として使用する場合、以下のいずれか一つ 1通
      • 保管場所使用承諾証明書 (一太郎) (Word) (Excel) (PDF)
      • 駐車場賃貸借契約書の写し
      • 駐車場賃貸借契約書の写しがない場合は、駐車場の料金の領収書(保管場所の位置使用者・使用期間・領収日が明記され、領収者氏名と押印があるもの)
      • 当該自動車の使用に関係する都市基盤整備公団等の公法人が発行する確認証明書

※1 他に書類を提出していただく場合があります。
※2 申請書類は各警察署にもあります。

手数料

  • 保管場所証明申請手数料  2,000円(群馬県証紙)
  • 保管場所標章交付手数料    500円(群馬県証紙)

受付窓口

保管場所を管轄する警察署

受付時間

土・日曜、祝日、年末年始の休日を除く 8:30〜17:15

問い合わせ先

保管場所を管轄する警察署交通課

前橋警察署 (027-252-0110) 大泉警察署 (0276-62-0110)
前橋東警察署 (027-225-0110) 館林警察署 (0276-75-0110)
高崎警察署 (027-328-0110) 桐生警察署 (0277-43-0110)
藤岡警察署 (0274-22-0110) 渋川警察署 (0279-23-0110)
富岡警察署 (0274-62-0110) 沼田警察署 (0278-22-0110)
安中警察署 (027-381-0110) 吾妻警察署 (0279-68-0110)
伊勢崎警察署 (0270-26-0110) 長野原警察署 (0279-82-0110)
太田警察署 (0276-33-0110)