新型コロナウイルス感染症対策に伴う運転免許証の有効期間延長手続等について

運転免許証有効期間延長の手続

  新型コロナウイルス感染症予防対策として運転免許証の有効期間が
令和3年(平成33年)12月28日までの方
は、手続をすれば有効期間を3か月延長できます。
延長手続については、下の案内をご覧ください。

(1) 窓口での延長申請手続(手続はこちらを)

 総合交通センター又は各地区交通安全協会(渋川警察署管内の方は渋川警察署)の窓口へ出向いて、免許証の裏面に延長に関する記載をしてもらう。

(2) 代理人による延長申請(手続はこちらを)

 代理人が総合交通センター又は各地区交通安全協会(渋川警察署管内の方は渋川警察署)の窓口へ出向いて、免許証の裏面に延長に関する記載をしてもらう

(3) 郵送による延長申請(手続はこちらを)

 申請書等を郵送で総合交通センターに送付し、延長に関する記載のあるシールを郵送してもらい、免許証裏面に貼付する。

運転免許証の更新期限が過ぎてしまった方の手続

 更新期限までに更新手続を行うことができず運転免許を失効させた場合には、

   運転免許証の失効から3年以内
         かつ
   新型コロナウイルス感染症の影響に
   より手続を行うことが困難であると
   判断される状況が止んでから1か月以内

であれば、運転免許の再取得に当たり学科試験・技能試験が免除されます。

 また、この場合、通常の再取得に必要な手数料から減額されますので、手続の際に係員へお申し出ください。
 詳しくは、事前に総合交通センターに電話でお問合せください。

 問合せ先 運転免許課(学科試験係)027-253-9300

 この内容を印刷する場合はこちら

その他の有効期限が切れてしまった方は「有効期限切れ(失効)による免許の再取得について」を確認してください。