初心運転者の事故者率

 下のグラフは、「群馬県の教習所を卒業して普通免許を取得した方が、その後1年以内(初心運転者期間中)に人身交通事故を起こした割合(事故者率)」の過去6年間の推移を示したものです。

※ 令和2年中の数値が最新のものとなります。(令和4年3月:警察庁統計)

 群馬県の初心運転者の事故者率は、前年比減少傾向にあるものの、毎年、全国平均を大きく上回り、全国ワースト第1位又は第2位の状況です。

※ 令和元年 :1.46%(全国ワースト第1位)
※ 令和2年 :1.17%(全国ワースト第1位)

初心者運転者の皆さん、

●免許取得後1年以内の「今」が、最も事故を起こしやすい時期であること

●御家族や御友人を乗せている場合は、その大切な方々の「命」も預かって運転していること

等を常に忘れずに、日々、安全運転を心掛けてください。

※群馬県の事故者率=当該年中に群馬県内の教習所を卒業して普通免許を取得し、その後1年以内に人身交通事故を起こした人数÷当該年中に群馬県内の教習所を卒業して普通免許を取得した者の数×100(%)