現在の位置:ホーム > サイバー犯罪対策 > ネットワーク利用犯罪に注意

ネットワーク利用犯罪に注意

架空請求

インターネットにより、アダルトサイト「入会契約が完了しました」と表示して会員登録料を請求したり、出会い系サイトの「利用料が未納になっています」と表示して利用料を請求する架空請求が増加しています。また、メールによる同様の手口の架空請求も発生しています。

  • 身に覚えのない請求には応じない
  • 表示されている電話番号等には安易に連絡しない

などお対応をお願いします。

フィッシング

フィッシングとは、実在する企業等になりすましてホームページを構築し、又はメールを送信し、アクセス権利者(実在する企業等)から付与された識別符号(ID・パスワード)の入力を求める行為

  • 自分が取引している企業のページなのか慎重に確認する
  • 送信元に心当たりがないメールは安易に開かない
  • ネットバンキングには、ワンタイムパスワードを使用する

などの対応をお願いします。

ネットショッピング、ネットオークション

代金振り込み後の商品発送では、相手との確実な連絡手段の確保が重要です。連絡先が、身分確認が不要で無料で簡単に取得できるフリーメールの場合は、特に注意が必要です。また、掲示板における売買取引の被害が増加しています。

  • 非対面の商取引では、安易に相手を信用しない
  • 代引きやコンビニ払いを利用する

ブログ、プロフ、掲示板等の利用

ブログやプロフにより、日記や自己紹介を簡単に公開できますが、一方、誹謗中傷、いたずら電話、迷惑メール、ストーカー行為等を受ける可能性があります。また、掲示板への書き込みも、内容によっては名誉棄損等刑罰法則に触れる可能性があります。

  • 安易に個人情報や写真を公開しない
  • いたずら半分で実在する人物の批判をしたり、嫌がらせ目的の書き込みをしない

など、実社会と同様にモラルを持った利用をお願いします。


群馬県警察本部 サイバー犯罪対策課

サイバー犯罪情報・被害相談専用電話
電話:080−2350−0001(平日午前8時30分から午後5時15分までの間)
メール:cyberpolice_gunma@docomo.ne.jp(24時間受付)