現在の位置:ホーム > サイバー犯罪対策 >偽ショッピングサイトのトラブルが多発しています

偽ショッピングサイトのトラブルが多発しています

【ふるさと納税】を装う偽ショッピングサイトに注意してください。

 ふるさと納税サイトを装ったり、市町村の返礼品画像や返礼品名を無断で使用して、寄附金を騙し取ろうとするものです。購入前には十分注意してください。

偽ショッピングサイトの特徴と対策

  実在するショッピングサイトのロゴ、店舗名、所在地を表示したショップでは、購入者が偽サイトと気づかないまま商品を注文し、代金を騙し取られるトラブルが多発しています。
 大手ECサイトと比較してショップ画面に完成度が低く違和感があるので、すぐに購入することなく、下記の特徴を踏まえて被害防止対策を行ってください。

@代金振込先として、個人名義口座を指定される。

  • 会社概要では、会社名となっているのに振込先として個人口座を指定された場合は、特に注意!!
  • 最近は、コンビニでカードを購入し番号を伝えるなど電子マネー払いのトラブルもあります。
  • 支払いは、代引きを利用するなど慎重に行ってください。

A連絡先電話番号の記載がない、間違っている。

  • 電話番号をWeb検索しましょう。

B連絡先メールアドレスがフリーメールアドレスになっている。

  • メールアドレスをWeb検索しましょう。

C商品価格が極端に安く設定されている。

  • 以前は、他店より極端に安く設定していましたが、最近は、相場に近い価格設定もあるので注意しましょう。

D日本語表記が不自然である。

  • 通常、日本のサイトで使わないような略字や日本語でサイトが構成されている。

E見慣れないドメインを使っている。

  • 「top、pw、xyz、bid」など見慣れないドメインを使っている。
    例:「http://www.●●●.top」
  • ウイルス対策ソフトでは、一部の偽サイトなどについて「危険なサイト」との警告が表示されます。
    利用するパソコンやスマートフォンなどには、必ずウイルス対策ソフトを導入しましょう。

「商品が届かない」「音信不通」などのトラブルにあってしまったら

@該当するショップにメール送信や郵便送達、会社概要などWeb検索するなど情報収集してください。

  • 配達遅延情報などトラブルの程度の目安になります。

A該当するショップのURLや振込伝票などの資料を用意の上、最寄りの警察署への届出、相談してください。

B振込先金融機関、クレジットカード会社、電子マネー運営会社などへ問い合わせる。

  • 詐欺被害の可能性が濃厚な場合には、金融機関などへ問い合わせて返金可能かどうかを確認してください。
  • その他、クレジットカード会社へカード決済状況の確認をしてください。