現在の位置:ホーム > 手続き・申請 > 改正法の経過措置について

改正法の経過措置について

 令和4年3月15日付けで、銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律(以下「改正法」とします。)が施行され、クロスボウについては原則所持禁止となり、許可を受けることで所持することができるようになります。
 改正法が施行される前よりクロスボウを所持している方は「特定クロスボウ所持者」とし、特定クロスボウ所持者の方が、改正法が施行される前より所持しているクロスボウを「特定クロスボウ」として取り扱います。該当される方は経過期間中に必要な措置を講じてください。

「特定クロスボウ所持者」の対象となる方

令和4年3月15日(改正法の施行日)の時点で、現にクロスボウを所持している方

「特定クロスボウ」の対象となるクロスボウ

特定クロスボウ所持者が、令和4年3月15日(改正法の施行日)の時点で、現に所持しているクロスボウ

経過期間

令和4年3月15日から同年9月14日までの間(改正法の施行日から起算して6月を経過する日までの間)

※経過期間内に、所持許可を受けるか廃棄する等の措置を行う必要があり、いずれの措置も執らずに経過
 期間後も所持している場合は不法所持になります。

※廃棄する場合は、各警察署にて無償での引取りを行っています。詳しくは、こちらのページを確認してください。

特定クロスボウ所持者に関する経過措置

  1. 特定クロスボウ所持者は、経過期間内は所持禁止の規定は適用されません。(特定クロスボウに限る)
  2. 特定クロスボウ所持者が経過期間内に特定クロスボウの所持許可申請をする場合は、あらかじめ講習修了証明書の交付を受けなくとも、所持許可申請ができます。

特定クロスボウの所持許可申請をした者に関する経過措置

  1. 経過期間内に、特定クロスボウの所持許可申請をした特定クロスボウ所持者については、申請の処分が行われるまでの間は、所持許可申請をした時点において許可を受けた者とみなされます。
  2. 1の申請に係る所持許可を受けた方が、許可を受けた日から起算して6月を経過する日までに、講習修了証明書(クロスボウ初心者講習)の交付を受けられなかった場合は、許可は取り消されます。

所持許可申請の具体的要領

所持許可の申請をする

所持許可申請の詳細については「クロスボウ所持許可申請」をご確認ください。
※「特定クロスボウ所持者に関する経過措置」が適用されるため、講習修了証明書の交付を受けなくとも申請することが出来ます。

クロスボウ初心者講習会を受講する

詳細については「クロスボウ初心者講習会の受講申込手続について」をご確認ください。
※「特定クロスボウの所持許可申請をした者に関する経過措置」が適用されるので、所持許可を受けた日から6月を経過する日までに受講してください。(講習を受講してから所持許可申請をするのでも可)

問い合わせ先

各警察署生活安全課

群馬県警察本部生活安全部生活安全企画課