山菜・キノコ採りで入山するみなさんへ

山菜採りやキノコ採りで山に入る方が、道に迷ったり、
斜面から滑落したりする事故が増えています。
入山の際は、次の点に十分注意してください。

  • 家族に「行き先・同行者・帰宅時間」をしらせましょう。
  • 知らない山へは、一人で入らないようにしましょう。
  • 急斜面や足場の悪い場所でのキノコ採りはやめましょう。
  • 近くの山でも、防寒着や非常食、水、通信手段(携帯電話)等必要な装備は必ず携行しましょう。
  • 山中では、同行者と声を掛け合い、周りをよく見てお互いの居場所を確認し、
    また、時間を決めて行動しましょう。(笛やホイッスルは効果的です。)
  • 迷った場合は、むやみに歩き回ると体力を消耗し、転倒や滑落しやすくなります。
    上空からの見通しの良い場所で、救助隊を待ちましょう。

入山中、熊と遭遇してしまった時の心構えとして

  • 熊除けの鈴・ラジオ等を必ず携行して、人の存在を知らせ、熊を驚かせない。
  • 遠くにいるのを発見した際は、あわてることなくそっと立ち去る。
  • 大声を出したり、石や棒等を投げつけるなど、刺激したり興奮させない。
  • 熊から目を離さないようにして、できるだけゆっくりと後ずさりしながら離れる。
    熊との間に立木等の障害物を入れ、熊の突進を防ぐ。
  • 背中を見せて走って逃げると、熊は本能的に襲ってくる。