現在の位置:ホーム > 犯罪被害給付制度のご案内

犯罪被害給付制度のご案内

この制度は、殺人等の故意の犯罪被害により不慮の死を遂げた犯罪被害者の遺族又は重傷病又は障害という重大な被害を受けた犯罪被害者の方に対して、社会連帯共助の精神に基づき、国が犯罪被害者等給付金を支給し、その精神的・経済的打撃の暖和を図り、再び平穏な生活を営むことができるよう支援するものです。

犯罪被害給付制度

制度の対象となる被害は、日本国内又は日本国外にある日本船舶若しくは日本航空機内において行われた人の生命又は身体を害する罪に当たる行為(過失犯を除く。)による死亡、重傷病又は障害をいいます。

■ 次のような場合には、給付金の全部又は一部を支給されないことがあります。

  • 親族間(事実上の婚姻関係等を含む)で起こった犯罪被害の場合
  • 犯罪被害を受ける原因が被害者等にもある場合
  • 労災保険等の公的給付や損害賠償を受けた場合

その他法に定める場合

■ 申請は、犯罪行為による死亡、重傷病又は障害の発生を知った日から2年を経過したとき、又は当該死亡、重傷病又は障害の発生した日から7年を経過したときは申請することができません(ただし、やむを得ない理由がある場合は、法の定めにより、その理由がやんだ日から6ヶ月以内に申請することができます。)。

● 平成20年7月1日より前に発生した犯罪被害については旧制度が適用となるため一部説明と異なる場合があります。

犯罪被害給付制度のお問い合わせはこちらまで

群馬県警察本部広報広聴課被害者支援室又は県内各警察署(警務課)

TEL 027-243-0110 (内線 2154-2155)